ビュー:

インターネット使用時の保護について


この記事ではインターネット使用時の保護について解説します。
インターネットは誰でも簡単にアクセス可能ですが、危険な場所にもアクセスできてしまいます。


どのようなリスクがあるか

誤って危険なウェブサイトを閲覧すると、ネットワークやお使いのデバイスに害を与える可能性があります。


どのように攻撃を防ぐか

以下にインターネットを使用する際の安全を確保するためのベストプラクティスをいくつか紹介します。

  • 常にクリックするリンクについて注意してください。電子メールや添付ファイルの未知のリンクをクリックする際は気を付けてください。
  • 使用許可や同意を求められた際は内容を確認ください。
  • 情報をウェブサイトに提供する際は、そのウェブサイトが正当なモノであるか必ず確認してください。未知のウェブサイトに個人情報を入力しないようにしてください。
  • 必ずお使いのウイルス対策ソフトウェア、OS、およびホームネットワークデバイスが更新されているか確認してください。手順については次の記事を参照してください:
  • 使用しているデバイスのソフトウェアの更新について


ウイルスバスター for Home Networkのユーザの場合は、ネットワークデバイスの保護を維持するために必ず以下の設定が有効になっています。

設定を有効にするには、次の手順を実行します。

 

1. お使いのモバイルデバイスで、ウイルスバスター for Home Network アプリを開きます。

 

2. メニューアイコンをタップします。

 

3. [設定] をタップします。

 
4. 次の機能を有効にします。
  • [脅威ブロッキング] の項目を開き、ネットワーク保護を有効にします。
  • [アクセス制御] の項目を開き、[新しいデバイスの承認] を有効にします。
  • 情報をウェブサイトに提供する際は、そのウェブサイトが正当なモノであるか必ず確認してください。未知のウェブサイトに個人情報を入力しないようにしてください。
  • [デバイスのスキャン] の項目を開き、パスワードチェックと脆弱性チェックを有効にします。
IoTデバイスをウイルス、マルウェア、ハッキングからどのように保護しますか?