ビュー:

ウイルスバスター for Home Network に登録されているデバイスは、再度ウイルスバスター for Home Network に追加されることにより、「このデバイスは他のデバイスと同じです」というメッセージが表示されることがあります。

以下にその原因と対処方法についてご案内します。


現象の詳細とその原因

ウイルスバスター for Home Network では MAC アドレスを使用して、接続されたネットワーク内の各デバイスを識別しています。

ネットワークごとに MAC アドレスが変更される仕様のデバイスもあり、旧バージョンのウイルスバスター for Home Network では、このデバイスを新しいデバイスとして認識していました。

しかし、バージョン6.7以降、ウイルスバスター for Home Network のアップデートによりデバイスの識別能力が高まり、本メッセージで既存のデバイスであることをお知らせするメッセージを表示するようになりました。

具体的には次のようなメッセージが表示されます。

古いデバイスの各設定は新しいデバイスに引き継がれますが、古いデバイスが「デバイス一覧」から削除されることがありません。そのため、お客さまがご自身で古いデバイスを削除する必要があります。

・該当デバイスが家族に割り当てられていない場合

次のようなメッセージが表示されます:

「このデバイスは(デバイス名)と同じです」

このデバイスは(デバイス名)と同じです

・該当デバイスが家族に割り当てられている場合

次のようなメッセージが表示されます:

「このデバイスは(デバイス名)と同じであり、(家族の名前)に割り当てられました」

このデバイスは(デバイス名)と同じであり、(家族の名前)に割り当てられました

このメッセージを表示させない方法

このメッセージを表示させないようにするには、ウイルスバスター for Home Network に登録されている各デバイスごとに OS の設定変更を行う必要があります。

各 OS の設定方法につきましては、ご利用の OS に応じて以下の各項目のタイトルをクリックすることで詳しい手順を確認できます。

はじめにお読みください
  • 設定の無効化後も有効に戻すことができます。
    設定の無効化はデバイスがホームネットワーク内にあるときに実施してください。セキュリティを担保するため、それ以外のときは有効にすることを推奨します。
  • 下記手順につきましては、お使いの OS バージョンや機種により、項目名や操作が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
    操作にご不明な場合は、お使いのデバイスの製造元にお問合せいただくか、取扱説明書を確認してください。
すべて開く
Windows
Android
iOS