ビュー:

隠しファイルや隠しフォルダー、ファイル名の拡張子を表示する方法についてご案内します。

  • 隠しファイルや隠しフォルダー、ファイル名の拡張子、システムファイルは、初期設定では非表示に設定されています。必要な操作が終わりましたら、設定を元に戻してください。
  • システムファイルはWindowsを正常に動作させるために必要なファイルです。システムファイルを表示する必要がある場合、ファイル名の変更 / 移動 / 削除などは行なわないでください。コンピュータが正常に動作しなくなる可能性があります。
すべて開く
Windows 11
デスクトップ画面下の [スタートボタン] を右クリックし、メニュー中の [エクスプローラー] を左クリックします。

「Windows」キーを押しながら「E」押すことで、[エクスプローラー] を表示することもできます。

[エクスプローラー] 画面上部にある [表示] タブを選択後、メニュー下部の [表示] をクリックします。
 
以下の操作を行います。
  • 「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。
  • 「隠しファイル」にチェックを入れます。
[システムファイル] を表示する必要がある場合、 [エクスプローラー] 画面上部にある […] を選択後、[オプション] をクリックします。
以下の操作を行います。
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。
警告画面が表示されますので、問題がなければ「はい」をクリックします。

設定を元に戻す場合は、手順5で「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

Windows 10

設定を元に戻す場合は、手順5で「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

デスクトップ画面左下の [スタートボタン] を右クリックし、メニュー中の [エクスプローラー] を左クリックします。

「Windows」キーを押しながら「E」押すことで、[エクスプローラー] を表示することもできます。

[エクスプローラー] 画面上部にある [表示] タブを選択します。
以下の操作を行います。
  • 「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。
  • 「隠しファイル」にチェックを入れます。
[システムファイル] を表示する必要がある場合、続けて [オプション] を選択します
以下の操作を行います。
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。
警告画面が表示されますので、問題がなければ「はい」をクリックします。
Windows 8.1
デスクトップ画面左下の [スタートボタン] を右クリックし、メニュー中の [エクスプローラー] を左クリックします。

「Windows」キーを押しながら「E」押すことで、[エクスプローラー] を表示することもできます。

[エクスプローラー] 画面上部にある [表示] タブを選択します。
以下の操作を行います。
  • 「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。
  • 「隠しファイル」にチェックを入れます。
[システムファイル] を表示する必要がある場合、続けて[オプション] を選択します。
以下の操作を行います。
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。
警告画面が表示されますので、問題がなければ「はい」をクリックします。

設定を元に戻す場合は、手順5で「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

コメント (0)
コメントの追加