ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) の「Wi-Fi接続の安全性チェック」機能で、ご利用のWi-Fiからリスクが検出された場合の対応についてご案内します。


対応方法

検出されたリスクの種類に応じて、以下の対応方法をご参照ください。

このWi-Fiの通信は暗号化されていません。通信内容が第三者に読み取られる可能性があります。
検出原因

以下のいずれかに当てはまる場合、このリスクが検出されます。

  • Wi-Fiにパスワードが設定されていない
  • Wi-Fiの暗号化が設定されていない
対応方法

安全な暗号化方式(WPA2/WPA3)を使用し、Wi-Fiにパスワードを設定してください。

Wi-Fiの設定変更方法については、ご利用中のWi-Fルータの製造メーカーへお問い合わせください。

このリスクを検出したWi-Fiを「承認済みリスト」へ追加した場合、「Wi-Fi接続の安全性チェック」の機能画面では引き続き「O件のリスクが検出されました」と表示されます。

通信内容が第三者に読み取られる可能性があります。
検出原因

以下に当てはまる場合、このリスクが検出されます。

  • 安全ではない(WEP/WPA)、または安全性が低い(WPA・WPA2混合モード)暗号化方式が設定されている
対応方法

安全な暗号化方式(WPA2またはWPA3)に変更してください。

Wi-Fiの設定変更方法については、ご利用中のWi-Fルータの製造メーカーへお問い合わせください。

このリスクを検出したWi-Fiを「承認済みリスト」へ追加した場合、「Wi-Fi接続の安全性チェック」の機能画面では「リスクは検出されませんでした」と表示されます。

通信内容の盗聴・改ざんなどのリスクが検出されました。データおよびプライバシーが危険にさらされる可能性があります。
検出原因

以下に当てはまる場合、このリスクが検出されます。

  • 継続的な中間者攻撃(二者の通信に入り込み、通信内容の盗聴などを行う)の可能性がある
対応方法

このリスクが検出された場合は、ご利用の環境ごとに状況が異なります。

一時的に別のWi-Fi、またはモバイルデータ通信を使用する設定に変更し、こちらより弊社サポートまでお問い合わせください。

このリスクを検出したWi-Fiを「承認済みリスト」へ追加した場合、「Wi-Fi接続の安全性チェック」の機能画面では引き続き「O件のリスクが検出されました」と表示されます。

コメント (0)
コメントの追加