ビュー:

ウイルスバスター クラウドの「ブラウザ通知設定のスキャン」機能についてについてご案内します。


ブラウザ通知設定のスキャンとは

ウイルスバスター クラウドがブラウザ(Chrome/Edge)の通知設定を定期的にスキャンし、不審なWebサイトのブラウザ通知設定を検出します。

本スキャン機能は自動的に実行されるため、お客様による手動操作は不要です。

製品から表示される機能紹介のメッセージ:

 

ブラウザ通知(Webプッシュ通知)とは

Webサイト側からWebブラウザへ任意のタイミングでメッセージを送信できる仕組みです。

ブラウザ通知の例

ブラウザ通知は便利なツールですが、悪意ある第三者はこの機能を悪用して不要な広告や偽の警告メッセージを表示させて、詐欺サイトへのリンクを送信することもあります。

不審なブラウザ通知の例

設定の変更手順

ブラウザ通知設定は、初期設定で有効化されています。無効化するには以下手順を実施してください。

トレンドマイクロサポートツールを起動します。

コンピュータの動作や設定を変更する可能性がある操作を実行した際に「ユーザー アカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。

メッセージが表示された場合は [続行] または [はい] をクリックしてください。なお、パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。

「サポートツール」画面より [(B)脅威情報] をクリックします。
[ブラウザ通知設定のスキャン(N)] のチェックボックスをクリックして、チェックを外します。

以上で設定は完了です。

コメント (0)
コメントの追加