ビュー:
ウイルスバスター モバイル(iOS) – データ収集について

初期設定の収集

ウイルスバスター モバイル (iOS) をインストールして有効にすると、以下の情報が自動的に収集されてトレンドマイクロに送信されます。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。この情報は本製品のセキュリティ機能を提供するうえで必要なものであり、この情報の収集を無効にすることはできません。トレンドマイクロによるこの情報の収集を希望しない場合は、本製品をアンインストールして使用を中止してください。

Web脅威対策 (VPN)
説明

Web脅威対策をオンにすると、端末がWeb上の脅威から保護されます。

トレンドマイクロに送信される情報

- スキャンしたURL

機能の設定場所

メイン画面 → Web脅威対策 → VPNをオンにする

トップに戻る


Web脅威対策
説明

Web脅威対策ブラウザ(セーフブラウザ)は、Webベース上の脅威からユーザを保護します。

トレンドマイクロに送信される情報

- スキャンしたURL

機能の設定場所

この情報の収集を希望しない場合は、本機能の利用を停止してください。

トップに戻る


ライセンスの確認
説明

1. ライセンスが最新の状態かどうか確認します。

2. 現在の製品バージョンとiOSバージョンとの互換性を確認し、ユーザに製品のアップデートを促します。

トレンドマイクロに送信される情報

- メールアカウント
- パスワード
- 姓
- 名
- 言語
- 電話番号
- アプリ内課金情報 (アプリ内課金トークン、購入日時、アクティベーションキーなど)
- デバイス名
- 製品バージョン
- OSバージョン
- IPアドレス

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリケーションをアンインストールしてください。

トップに戻る


スマートプロテクションネットワークおよび月次レポートによって収集される情報
説明

1. この情報は、お客様へのサービスの向上を目的として使用されます。

2. この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のためにも使用されます。

3. この情報は、以下のマーケティング目的に使用されます。
  1. 新機能に関するリサーチ
  2. ユーザエクスペリエンス、機能に関する満足度調査
  3. プロモーション
  4. 製品ヘルスモニタ
  5. アプリ操作に関する分析
トレンドマイクロに送信される情報 - 不正なURL
- OSバージョン
-地域情報
- 言語
- デバイスモデル
- ネットワーク接続ステータス
- 各機能の有効化ステータス
- MACアドレス
- デバイス名
機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


ログの収集 サードパーティのサービスで収集されるクラッシュレポート:
説明

1. 製品ログは、お客様から報告された問題を解決するために必要になります。

2. 手動でのログ収集は、サポートセンターからログを求められたときにのみ使用します。

3. クラッシュ/問題の報告(自動フィードバック) では、タイミングの問題がある場合、およびそのほか手動でのログの収集が難しい場合は、クラッシュや問題の発生時にリアルタイムでログを収集します。

トレンドマイクロに送信される情報 - デバイスモデル
- OSバージョン
- 製品バージョン
- ネットワーク接続ステータス
- ゲートウェイBSSID
- 地域情報
- 本アプリのログ
- 本アプリおよびシステムのクラッシュのログ
機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール:
説明

1. この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のために使用されます。

2. この情報は、マーケティング目的に使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

SDKによる収集データとフィードバック

以下の情報が収集されます。

- デバイスモデル
- OSバージョン
- 製品バージョン
- ユーザ数およびセッション数
- セッション間隔
- OS
- プロバイダ名 (キャリア名)
- 地域情報
- 初回起動時の情報
- 起動時の情報
- アプリのアップデート情報
- アプリ内課金情報
- アプリ内ステータス
- アプリ内イベント
- ライセンスステータス
- 機能の使用状況と操作 (イベントおよび画面)
機能の設定

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


詐欺メッセージ対策
説明

詐欺メッセージ対策は、詐欺メッセージからユーザを保護する機能です。次の機能があります。

1.メッセージスキャン:不明な送信者から送信されたSMS/メールメッセージをスキャンし、安全でないリンクが検出された場合、そのメッセージを迷惑メールフォルダに移動します。

2.イメージスキャン:ユーザがカメラロールから選択した画像に含まれるリンクを解析してスキャンし、安全でないリンクが検出された場合、ユーザに警告を通知します。

トレンドマイクロに送信される情報

1. メッセージスキャン

- 不明な送信者からのSMS/メールの内容
- 送信者のID (メールアドレスまたは電話番号)

2. イメージスキャン

- 画像のテキストの内容
- スキャンした画像

機能の設定場所

メッセージスキャン:システム設定でオンにする必要があります。手順は次のとおりです。
iOSのホーム画面→[設定]→[メッセージ]→[不明な送信者および迷惑メッセージ]→[ウイルスバスター]→オン


イメージスキャン:メイン画面→[詐欺メッセージ対策]→[イメージスキャン]→[イメージスキャン] ボタンをクリック

トップに戻る


設定可能な機能

ウイルスバスター モバイル (iOS) の以下の機能を利用すると、対応する情報が収集されてトレンドマイクロに送信される場合があります。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。これらの機能はいつでも無効にすることができ、トレンドマイクロへの対応する情報の送信を中止することができます。

製品の機能

1. スマートプロテクションネットワークおよび月次レポートによって収集される情報

2. ログの収集 サードパーティのサービスで収集されるクラッシュレポート:
 - HockeyApp
 - Fabric

3. サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール:
 - AppsFlyer
 - Firebase

説明

デバイスIDは、ユーザの非匿名データとアプリ操作の関連付けに使用される情報です。

デバイスIDに関連付けられたデータは、以下の目的に使用されます。

1.デバイスおよびユーザ別の月次レポートの提供
2.特定のデバイスおよびユーザに関連するクラッシュおよび問題の分析と解決
3.デバイスおよびユーザ別のログ (自動フィードバック) の発行
4.デバイスおよびユーザ別のアプリ操作の分析

トレンドマイクロに送信される情報

- デバイスID

機能の設定

- インストール後の初回起動 → [プライバシーと個人データの収集に関する規定] → [製品使用データをトレンドマイクロに送信し、本製品の機能向上に協力する]


- メイン画面 → [設定] → [製品の機能向上に協力する]

収集したデータがどこで処理されるかを確認するには、データセンター/認定されたデータサブプロセッサおよびその所在地の一覧を参照してください

トップに戻る

コメントの追加
個人のお客さまサポート

ウイルスバスター モバイル (iOS) v8.x プライバシーと個人データの収集について

ウイルスバスター モバイル(iOS) – データ収集について

初期設定の収集

ウイルスバスター モバイル (iOS) をインストールして有効にすると、以下の情報が自動的に収集されてトレンドマイクロに送信されます。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。この情報は本製品のセキュリティ機能を提供するうえで必要なものであり、この情報の収集を無効にすることはできません。トレンドマイクロによるこの情報の収集を希望しない場合は、本製品をアンインストールして使用を中止してください。

Web脅威対策 (VPN)
説明

Web脅威対策をオンにすると、端末がWeb上の脅威から保護されます。

トレンドマイクロに送信される情報

- スキャンしたURL

機能の設定場所

メイン画面 → Web脅威対策 → VPNをオンにする

トップに戻る


Web脅威対策
説明

Web脅威対策ブラウザ(セーフブラウザ)は、Webベース上の脅威からユーザを保護します。

トレンドマイクロに送信される情報

- スキャンしたURL

機能の設定場所

この情報の収集を希望しない場合は、本機能の利用を停止してください。

トップに戻る


ライセンスの確認
説明

1. ライセンスが最新の状態かどうか確認します。

2. 現在の製品バージョンとiOSバージョンとの互換性を確認し、ユーザに製品のアップデートを促します。

トレンドマイクロに送信される情報

- メールアカウント
- パスワード
- 姓
- 名
- 言語
- 電話番号
- アプリ内課金情報 (アプリ内課金トークン、購入日時、アクティベーションキーなど)
- デバイス名
- 製品バージョン
- OSバージョン
- IPアドレス

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリケーションをアンインストールしてください。

トップに戻る


スマートプロテクションネットワークおよび月次レポートによって収集される情報
説明

1. この情報は、お客様へのサービスの向上を目的として使用されます。

2. この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のためにも使用されます。

3. この情報は、以下のマーケティング目的に使用されます。
  1. 新機能に関するリサーチ
  2. ユーザエクスペリエンス、機能に関する満足度調査
  3. プロモーション
  4. 製品ヘルスモニタ
  5. アプリ操作に関する分析
トレンドマイクロに送信される情報 - 不正なURL
- OSバージョン
-地域情報
- 言語
- デバイスモデル
- ネットワーク接続ステータス
- 各機能の有効化ステータス
- MACアドレス
- デバイス名
機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


ログの収集 サードパーティのサービスで収集されるクラッシュレポート:
説明

1. 製品ログは、お客様から報告された問題を解決するために必要になります。

2. 手動でのログ収集は、サポートセンターからログを求められたときにのみ使用します。

3. クラッシュ/問題の報告(自動フィードバック) では、タイミングの問題がある場合、およびそのほか手動でのログの収集が難しい場合は、クラッシュや問題の発生時にリアルタイムでログを収集します。

トレンドマイクロに送信される情報 - デバイスモデル
- OSバージョン
- 製品バージョン
- ネットワーク接続ステータス
- ゲートウェイBSSID
- 地域情報
- 本アプリのログ
- 本アプリおよびシステムのクラッシュのログ
機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール:
説明

1. この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のために使用されます。

2. この情報は、マーケティング目的に使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

SDKによる収集データとフィードバック

以下の情報が収集されます。

- デバイスモデル
- OSバージョン
- 製品バージョン
- ユーザ数およびセッション数
- セッション間隔
- OS
- プロバイダ名 (キャリア名)
- 地域情報
- 初回起動時の情報
- 起動時の情報
- アプリのアップデート情報
- アプリ内課金情報
- アプリ内ステータス
- アプリ内イベント
- ライセンスステータス
- 機能の使用状況と操作 (イベントおよび画面)
機能の設定

この機能は無効にすることはできません。この情報が収集されないようにしたい場合は、端末からアプリをアンインストールしてください。

トップに戻る


詐欺メッセージ対策
説明

詐欺メッセージ対策は、詐欺メッセージからユーザを保護する機能です。次の機能があります。

1.メッセージスキャン:不明な送信者から送信されたSMS/メールメッセージをスキャンし、安全でないリンクが検出された場合、そのメッセージを迷惑メールフォルダに移動します。

2.イメージスキャン:ユーザがカメラロールから選択した画像に含まれるリンクを解析してスキャンし、安全でないリンクが検出された場合、ユーザに警告を通知します。

トレンドマイクロに送信される情報

1. メッセージスキャン

- 不明な送信者からのSMS/メールの内容
- 送信者のID (メールアドレスまたは電話番号)

2. イメージスキャン

- 画像のテキストの内容
- スキャンした画像

機能の設定場所

メッセージスキャン:システム設定でオンにする必要があります。手順は次のとおりです。
iOSのホーム画面→[設定]→[メッセージ]→[不明な送信者および迷惑メッセージ]→[ウイルスバスター]→オン


イメージスキャン:メイン画面→[詐欺メッセージ対策]→[イメージスキャン]→[イメージスキャン] ボタンをクリック

トップに戻る


設定可能な機能

ウイルスバスター モバイル (iOS) の以下の機能を利用すると、対応する情報が収集されてトレンドマイクロに送信される場合があります。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。これらの機能はいつでも無効にすることができ、トレンドマイクロへの対応する情報の送信を中止することができます。

製品の機能

1. スマートプロテクションネットワークおよび月次レポートによって収集される情報

2. ログの収集 サードパーティのサービスで収集されるクラッシュレポート:
 - HockeyApp
 - Fabric

3. サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール:
 - AppsFlyer
 - Firebase

説明

デバイスIDは、ユーザの非匿名データとアプリ操作の関連付けに使用される情報です。

デバイスIDに関連付けられたデータは、以下の目的に使用されます。

1.デバイスおよびユーザ別の月次レポートの提供
2.特定のデバイスおよびユーザに関連するクラッシュおよび問題の分析と解決
3.デバイスおよびユーザ別のログ (自動フィードバック) の発行
4.デバイスおよびユーザ別のアプリ操作の分析

トレンドマイクロに送信される情報

- デバイスID

機能の設定

- インストール後の初回起動 → [プライバシーと個人データの収集に関する規定] → [製品使用データをトレンドマイクロに送信し、本製品の機能向上に協力する]


- メイン画面 → [設定] → [製品の機能向上に協力する]

収集したデータがどこで処理されるかを確認するには、データセンター/認定されたデータサブプロセッサおよびその所在地の一覧を参照してください

トップに戻る


このヘルプは役に立ちましたか?

  • 全く役に立たなかった
  • あまり役に立たなかった
  • どちらでもない
  • 少し役に立った
  • とても役に立った