ビュー:

ウイルスバスター クラウドの「システムチューナー」「予約スキャン」を活用し、定期的に設定の確認、および不要なファイルの削除を実施することで、パソコンのパフォーマンス改善が期待できます。


パソコンの最適化を行う方法について


パソコンの最適化を設定する

「システムチューナー」とは

ウイルスバスター クラウドの「システムチューナー」機能は、ご利用のパソコンの設定を最適化し、不要なファイルを削除することでパフォーマンスの向上が期待できます。


「システムチューナー」の有効手順

ウイルスバスター クラウドを起動し、 [設定] をクリックします。
「コンピュータの保護設定」画面の左側一覧より [ウイルス対策とシステムチューナー設定] → [システムチューナー] をクリックします。
以下の項目にチェックを入れ、 [OK] をクリックして、設定を保存します。

※初期設定ではすべてチェックが入っています。

  • セキュリティ上の問題をチェック
  • 不要ファイルの削除
  • クイックスキャンおよびコンピュータ全体のスキャン時にシステムチューナーを実行する

ウイルスバスター クラウドではスキャンを実行する際に、これらの項目をチェックします。

今すぐ最適化をする場合は「パソコンの最適化を実施する」、定期的なスキャン時に最適化をする場合は「自動的にパソコンの最適化を確認する」を参照してください。


パソコンの最適化を実施する

「システムチューナー」の設定を有効にした後、下記手順で「システムチューナー」を実行してください。

※「パソコンの最適化を設定する」の設定に基づいて、パソコンがチューニングされます。

ウイルスバスター クラウドを起動し、メイン画面上部の [コンピュータを守る] → [システムチューナー] より実行します。
[開始] ボタンをクリックすると、右下に「チューニングしています…」のメッセージが表示されます。
「結果」画面が表示され、チューニングが可能な件数が表示されたら [チューニングする] をクリックしてください。

下部にある [詳細の表示→] をクリックするとチューニングが必要な項目の詳細が確認できます。

例:

[チューニングする] をクリック後、確認画面が表示されますので [OK] をクリックしてチューニングを実行します。
「結果」画面で [チューニングレベル] レベル 5 の画面が表示されましたら、[閉じる] をクリックします。

自動的にパソコンの最適化を確認する

予約スキャンをオンにして、ご利用状況によって適切なタイミングでスキャンを自動的に開始します。

※予約スキャンでシステムチューナーを実施したい場合、事前に「パソコンの最適化を設定する」を行う必要があります。
ウイルスバスター クラウドを起動し、 [設定] をクリックします。
[コンピュータの保護設定] 表示の左側一覧より、 [ウイルス対策とシステムチューナー設定] → [予約スキャン] をクリックします。

[予約スキャンを有効にする] にチェックを行い、 [自動設定] を選択し、 [OK] をクリックし設定画面を閉じます。

※既に初期設定で [予約スキャンを有効にする] と [自動設定] にチェックが入っている場合は、 [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

※ [自動設定] の説明にある「」をマウスオーバーすると次回のスキャン時間が表示されます。
    例:

予約スキャンの [手動設定] を選択した場合は、該当の時刻にスキャンを実施した際に「システムチューナー」が実行されます。

コメント (0)
コメントの追加