ビュー:
脅威を検出すると、本製品は脅威の種類や検出場所に応じた対処を行います。


脅威の種類

処理

ウイルス

 

本製品は、開いたり、保存したり、ダウンロードしたりするすべてのファイルの内容を解析します。感染ファイルでウイルスの駆除を試みます。スパイウェアなどの「駆除できない」脅威が検出された場合は、感染ファイル自体を削除します。

注:

脅威を含むファイルがCD/DVD-ROMや「読み取り専用」のネットワークドライブに保存されている場合、ファイルの削除には「読み取り/書き込み」のアクセス権が必要となります。感染ファイルを開いたり、コンピュータにコピーしたりしないでください。

スパイウェア

ファイルまたはプログラム自体を削除します。メモリをクリアして脅威の削除を完了するために、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

Web脅威対策

脅威の兆候を示すWebサイトへのアクセスをブロックします。

注:

脅威が含まれることや不正なサイトであることが明らかなWebサイトもありますが、脅威の兆候を示すのみのサイトもあります。安全でない可能性のあるWebサイトをブロックするかどうかは、Web脅威対策で選択した設定に依存します。

コメント (0)
コメントの追加