ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) の「詐欺メッセージ対策」機能についてご案内します。


「詐欺メッセージ対策」機能で、不明な送信元からの危険なメッセージからユーザを保護します。

「メッセージスキャン」「イメージスキャン」が利用できます。


「メッセージスキャン」について

  • 不明な送信元からメッセージを受信した場合に、メッセージを分析し、危険なメッセージを「迷惑メッセージ」に振り分けます。
  • 迷惑メッセージ/電話をトレンドマイクロに報告することができます。
    ※この機能は iOS13.0 以上のiPhone端末をサポート対象としています。

すべて開く
設定方法:1.SMSフィルタリングを有効にする
設定方法:2.SMSの報告を有効にする
迷惑メッセージ/電話の報告方法
制限事項
  • SMS/MMSのみをサポートします。
  • iOS12の場合、iMessageがオンの時、本機能はご利用できません。
  • URLに「http(s)://」「.com」文字列が無い場合、URLを検出できません。
  • OSの制限により、iOSのメッセージアプリの以下のルールに従います。
    • ユーザが送信者に3回返信した場合、メッセージアプリは送信者を[迷惑メッセージ]タブから削除します。
    • 連絡先アプリに保存している送信者からのメッセージはスキャンしません。
    • 電話番号が[迷惑メッセージ]タブに追加されると、その番号からのすべてのメッセージが削除されるまで[迷惑メッセージ]タブに移動します。

「イメージスキャン」について

  • QRコードやURLが含まれている画像をスキャンし、サイトの安全性をチェックできます。
  • Webサイトのアドレスを貼り付け、または手動で入力し、サイトの安全性をチェックできます。

すべて開く
画像をスキャンしてサイトの安全性をチェックする方法
Webサイトのアドレスを入力してサイトの安全性をチェックする方法
制限事項
  • 一部の他社VPNアプリが有効な状態の時に、正常に動作しない場合があります。
  • イメージスキャンでスキャンする画像に含まれるURLが改行され、複数行で表示されている場合、URLを正しく読み取れない場合がございます。

    その場合、スキャン後の結果より、「修正」ボタンから正しいURLへ修正し、「再スキャン」を行ってください。

「詐欺メッセージ対策」機能で収集される情報の概要

ウイルスバスター モバイル (iOS) をインストールし、「詐欺メッセージ対策」機能を有効にすると、以下に記載されている情報が自動的に収集されてトレンドマイクロに送信されます。この情報には一定の管轄区域内および特定の条例において個人データとみなされるものも含まれます。

この情報は本製品の「詐欺メッセージ対策」機能を提供するうえで必要なものであり、この情報の収集を無効にすることはできません。トレンドマイクロによるこの情報の収集を希望しない場合は、本機能を無効にすると、トレンドマイクロへの対応する情報の送信を中止することができます。

すべて開く
「メッセージスキャン」機能で収集される情報の詳細
「イメージスキャン」機能で収集される情報の詳細
コメント (0)
コメントの追加