ビュー:

「ふるさと納税」に便乗した詐欺サイトの存在が全国で確認されております。「ふるさと納税」の偽サイトは増加傾向にあり、総務省、各地方自治体、ふるさと納税の紹介サービスサイト等も相次いで注意を呼びかけています。

ふるさと納税をかたった偽サイトの例


以下のような構成のサイトにはご注意ください

  • 寄付金額の割引や値引きを行っている
  • 地方公共団体や仲介している企業の住所、連絡先、メールアドレスなどの記載がない
  • 支払方法の口座名義人と販売事業者名が異なる
  • 不自然な日本語表現が使われている

もし怪しいと感じた場合は、申し込みをする前に、自治体のホームページから公式に提携している納税受付サイトを確認してください。


カード番号などの個人情報を伝えてしまった場合

不審な電話番号の相手に個人情報を伝えてしまったり、既に金銭の被害にあってしまったときは、被害を最小限に留めるための対応が必要です。下記のリンクページの内容を参考に、状況にあわせた対応を行ってください。


製品での対応について

弊社にて確認された偽メールに関しては、詐欺メールとしてウイルスバスター クラウドの「詐欺メール対策」や「迷惑メール/ 詐欺メールの判定」機能にて検出するよう順次対応しております。

また、詐欺サイトに関しては、ウイルスバスター クラウドの「Web脅威対策」機能にて検出するよう順次対応しております。各機能の詳細につきましては関連リンクからご参照ください。

もし当該機能で検出されず、サイトの真偽を確認したいといった場合はトレンドマイクロのサポート窓口までご相談ください。