ビュー:

ウイルスバスター モバイル (Android) の「保護者による使用制限」機能についてご案内します。


保護者による使用制限とは

保護者による使用制限では「アプリの使用制限」と「URLフィルタ」機能が利用できます。

  • アプリの使用制限:任意のアプリを設定しているパターンや PIN (またはトレンドマイクロアカウントのパスワード)を入力しないと起動できないようにできます。
  • URLフィルタ:選択した保護レベルに応じて、特定な内容を含む Webサイトをブロックできます。
    ※ 標準ブラウザと Chrome のみ対応しております。

設定方法

[保護者による使用制限] をタップします。
ロック解除方法を設定していない場合は、[パターン] [PIN] いずれかを選択し、ロック解除方法を設定します。
バージョン 12.16 以前をお使いの場合

トレンドマイクロアカウントのパスワードを入力し、ロックを解除します。

ロック解除方法が設定済みの場合

設定したパターンやPIN でロックを解除します。

パターン・PIN をお忘れの場合は、[パターン(PIN)をお忘れの場合] をタップし、トレンドマイクロアカウントのパスワードでロックを解除します。

※ パターンの場合

権限を設定していない場合、黒いメッセージをタップし、画面に沿って設定します。

既に必要な権限の設定が完了している場合は、この手順を実施する必要はありません。

参照:権限の設定方法

アプリの使用制限

[アプリの使用制限]のスライドボタンをタップし、有効にします。

有効のスライドボタンスライドボタンをタップすると無効に切り替えます。

制限したいアプリのアイコンをタップします。

制限されたアプリは南京錠マーク南京錠マークが青くなります。
再度タップすると南京錠マークが灰色になり、制限が解除されます。

アプリの並び替え

スライドボタンの下にある南京錠マークをタップすることでアプリの並び替えができます。


URLフィルタ

[URLフィルタ] をタップします。
[URLフィルタ] のスライドボタンをタップし、有効にします。

有効のスライドボタンスライドボタンをタップすると無効に切り替えます。

保護レベルを選択します。

「カスタム」を選択した場合

設定したいカテゴリグループをタップし、ブロックするカテゴリを設定できます。

 

(例)URLフィルタによるブロックした画面

 

関連設定

ロックの解除方法を設定する

お問い合わせ窓口

本件に関してご不明点などがございましたら、サポート窓口へお問い合わせください。

コメント (0)
コメントの追加