ビュー:

DHCPモードはどんな場合に変更するか教えてください。


本機能の概要

ウイルスバスター for Home Network を接続してもデバイスが保護されないことや、ネットワークが正常にご利用できないことがあります。ほかのネットワークモードを試しても改善しない場合は、DHCPモードに変更することで回避される可能性があります。

なお、DHCPモードを有効にする場合、ルータのDHCPサーバー機能の代わりにウイルスバスター for Home Networkが各デバイスにIPアドレスを割り当てます。

  • iOS14をお使いの場合、以下のポップアップが表示されることがあります。
    その場合は、[OK] をタップしてください。

操作手順

以下の手順をご参照の上、設定を変更してください。

すべて開く
DHCPモードを有効にする方法
DHCPモードを無効にする方法
DHCPモードの制限事項:
  • 端末に割り当てるIPアドレスの範囲を指定できません。
  • 端末に固定IPを割り当てることはできません。
  • ウイルスバスター for Home Network の「ホームネットワーク内の通信保護機能」および「ルータへのアクセスからの保護機能」は動作しません。
  • NATトラバーサル機能は有効にできません。
  • DHCPモードでポートフォワーディング機能は機能しますが、マッピングされたデバイスはウイルスバスター for Home Networkで保護されません。
  • UPnP機能を有効にできません。
  • ルータによっては、DHCPモードが無効になってしまうためスイッチを利用できません。