ビュー:

ウイルスバスター クラウドの「決済保護ブラウザ」「Trend ツールバー」を活用し、安全・安心にオンラインショッピングをご利用いただくためにおすすめの設定をご案内します。


安全にオンラインショッピングを使う方法について


決済情報を保護する

「決済保護ブラウザ」とは

「決済保護ブラウザ」は、銀行やショッピングのWebサイトに入力された口座情報やクレジットカード情報などが第三者により詐取されることを防ぐブラウザです。

オンラインバンキングやオンラインショッピングなどをご利用の際、「決済保護ブラウザ」が自動的に起動するよう設定いただくことをおすすめします。

  • 「決済保護ブラウザ」は、ウイルスバスター クラウドの機能のひとつとなりますので、ご利用中のお客さまはいつでも無料でご利用いただけます。

  • 起動後の操作についてはご利用のブラウザと同様となります。

「決済保護ブラウザ」を自動的に起動する

ウイルスバスター クラウドを起動し、 [個人情報を守る] をクリックします。
「決済保護ブラウザ」の [設定] をクリックします。
「決済保護ブラウザ」の概要画面が表示された場合は、 [OK] をクリックします。
「決済保護ブラウザで銀行やショッピングのWebサイトを閲覧するたびに確認する」にチェックを入れて、 [OK] をクリックします。

以上で設定は完了です。今後は、銀行やショッピングのWebサイトを開くと、自動で「決済保護ブラウザ」が開きます。

ブラウザの外側が青い枠で囲まれた状態が「決済保護ブラウザ」でWebサイトが開かれている状態です。

決済保護ブラウザの表示例


Webサイトの安全性をチェックする

Webサイトを検索した際、検索結果に詐欺サイトや偽サイトが表示されることがあります。

ウイルスバスター クラウドの「Trend ツールバー」は、検索結果のリンクの安全性をチェックします。

安全性のチェック例:

「Trend ツールバー」をご利用のブラウザに追加する方法については、以下のページを参照してください。

また、Webメールによって詐欺サイトへ誘導されることもあります。

「Trend ツールバー」の「詐欺メール対策」により、情報や金銭を窃取する目的でメールの受信者を騙す詐欺メールを検出できますので、あわせてご案内します。


なお、Webサイト上で利用するアカウントやパスワードを安全に管理することも重要です。以下の情報も参考にしてください。

アカウント情報を安全に管理する

トレンドマイクロ製品の「パスワードマネージャー」を使用し、自分だけがアクセスできる安全な場所に個人情報を保存・管理することをおすすめします。

「パスワードマネージャー」は「ウイルスバスター クラウド」とは異なるトレンドマイクロの製品となりますが、無料体験版をお試しいただけます。

「パスワードマネージャー」の詳細については、下記ページをご確認ください。