ビュー:

Q. ウイルスバスター クラウドの「決済保護ブラウザ」機能について教えてください。


A. ウイルスバスター クラウドの「決済保護ブラウザ」機能についてご案内します。

『決済保護ブラウザ』とは

『決済保護ブラウザ』は、オンラインバンキングやオンラインショッピングの利用時に入力された決済情報(口座情報やクレジットカード情報)を詐取する攻撃をブロックするための機能です。

『決済保護ブラウザ』は、ウイルスバスター クラウドの機能のひとつとなりますので、追加の費用などはかかりません。
ウイルスバスター クラウドをご利用中のお客さまは、いつでも無料でご利用いただけます。


決済保護ブラウザの表示例

ブラウザの外側が青い枠で囲まれた状態が、決済保護ブラウザでWebサイトが開かれている状態です。

※同じブラウザでも青枠がない別のウィンドウで開いているWebサイトは、「決済保護ブラウザ」では保護されていません。

※Microsoft Edgeをご利用の一部環境において、決済保護ブラウザでWebサイトが開かれている状態でもブラウザの外側に青い枠が表示されない問題を確認しております。
現在、弊社にて調査をすすめておりますが、当該の問題が発生する場合、他のWebブラウザ(Google Chrome, Firefox, Internet Explorer)をご利用ください。

決済情報を詐取する攻撃の例

攻撃者は、正規サイトのアクセス時に偽の入力画面をブラウザ上に表示する"Webインジェクション"という手法を使い、ユーザに決済情報を入力させることで情報を盗み取ります。

『決済保護ブラウザ』はご利用のブラウザをより強力に保護し、このような決済情報を狙った攻撃をブロックします。


Webインジェクションによる偽のカード情報入力画面表示例


『決済保護ブラウザ』のご利用方法

起動方法

すべて開く
ショートカットアイコンから起動する
メイン画面から起動する
Trendツールバーから起動する
「決済保護ブラウザを起動しますか?」のポップアップについて

開く閉じる

通常のブラウザでバンキングサイトやショッピングサイトを表示した際、以下のような「決済保護ブラウザを起動しますか?」のメッセージを含むポップアップが表示される場合があります。その場合は、 [決済保護ブラウザで開く] ボタンをクリックすることで、決済保護ブラウザを起動することができます。


※新たに青い枠に囲まれた決済保護ブラウザが起動し、元のブラウザと同じサイトを表示します。

※「このWebサイトを常に決済保護ブラウザで開く」にチェックが入った状態で [決済保護ブラウザで開く] ボタンをクリックすると、次回以降、同じサイトを自動的に決済保護ブラウザで開きます。

※今後、同様のポップアップを非表示にされたい場合は、右下の [今後表示しない] をクリックしてください。

※[今後表示しない] をクリック後、再度ポップアップを表示する設定に戻したい場合、『決済保護ブラウザ』に関するよくあるご質問「決済保護ブラウザ」機能を無効にできますか?に記載の設定手順をご参照ください。

※[決済保護ブラウザで開く] ボタンや [このサイトでは利用しない] 、[今後表示しない] をクリックしても反応がない場合、ご利用のブラウザに応じて以下の操作をお試しください。

Internet Explorer の場合

「このWebページは、'Trend Micro Inc.' からのアドオン 'Trend Micro TrendSecure' を実行しようとしています。」のメッセージがブラウザのウィンドウの下部に表示されている場合、[許可] の右側の [▼] → [すべてのサイトに対して許可] の順にクリック後、再度ポップアップで [決済保護ブラウザで開く] ボタンや [このサイトでは利用しない] 、[今後表示しない] のクリックをお試しください。
Trend Micro TrendSecure: Trendツールバーに関連するアドオンです。)


Google Chrome、Firefox の場合

ご利用のブラウザのバージョンを最新のバージョンまでアップデート後、再度ポップアップで[決済保護ブラウザで開く] ボタンや [このサイトでは利用しない] 、[今後表示しない] のクリックをお試しください。


Microsoft Edge の場合

2021年03月04日現在の Microsoft Edge 最新バージョン88で製品機能が一部正常に動作しない問題を確認しております。
そのため、バージョン88をご利用の場合は、他のWebブラウザ(Google Chrome, Firefox, Internet Explorer)をご利用ください。

参考:ウイルスバスター クラウドの Microsoft Edge への対応状況について

終了方法

決済保護ブラウザの利用を終了する場合は、青い枠で囲まれた決済保護ブラウザのウィンドウを [☓] ボタンで閉じてください。

 

決済保護ブラウザを終了した後、再度利用されたい場合は、上述の3つの起動方法のいずれかの方法であらためて決済保護ブラウザを起動してください。


『決済保護ブラウザ』に関するよくあるご質問

すべて開く
決済保護ブラウザと通常のブラウザはどのように使い分ければ良いですか?
決済保護ブラウザはどのブラウザに対応していますか?
決済保護ブラウザは専用のブラウザアプリですか?
決済保護ブラウザでは既存のブックマークや拡張機能をそのまま利用できますか?
決済保護ブラウザはどのような仕組みで保護を行いますか?
「決済保護ブラウザ」機能を無効にできますか?

ウイルスバスター クラウドの設定画面からWeb脅威対策の設定を無効にしたり、ウイルスバスター クラウドを一時停止させると決済保護ブラウザは自動的に閉じられます。

コメント (0)
コメントの追加