ビュー:
ウイルスバスター for Home Network - プライバシーと個人データの収集について

初期設定の収集

ウイルスバスター for Home Networkをインストールして有効にすると、以下の情報が自動的に収集されてトレンドマイクロに送信されます。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。この情報は本製品のセキュリティ機能を提供する上で必要なものであり、この情報の収集を無効にすることはできません。トレンドマイクロによるこの情報の収集を希望しない場合は、本製品をアンインストールして使用を中止してください。

 

家族のメンバーおよびデバイスのプロファイル

詳細

家族のメンバーおよびデバイスのプロファイルの情報は、お客さまによる管理対象デバイスの管理に役立ちます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザが入力したメンバーの名前
ユーザがアップロードした画像
ユーザが変更したデバイス情報
・ブランド
・モデル
・名前
・種類

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、この機能を使用しないでください。

 

トレンドマイクロアカウント情報

詳細

トレンドマイクロアカウントを使用すると、製品にアクセスしたり、ライセンスや登録情報にアクセスしたりできます。

トレンドマイクロに送信される情報

トレンドマイクロアカウント情報
・メールアドレス
・パスワード
・名
・姓
・言語
・電話番号

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Google Firebase / AppsFlyer

詳細

この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のために使用されます。この情報は、マーケティング目的に使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザによる管理アプリの操作
・デバイスモデル
・OSバージョン
・製品バージョン
・ユーザ数およびセッション数
・セッション間隔
・OS
・プロバイダ名(キャリア名)
・地域情報
・初回起動時の情報
・アプリのアップデート情報
・アプリ内課金情報
・アプリ内ステータス
・アプリ内イベント
・ライセンスステータス
・昨日の使用状況と操作(イベントおよび画面)

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Amazon Mobile Analytics / Pinpoint

詳細

この情報は、お客さまへのサービスの向上を目的として使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザによる管理アプリの操作
・閲覧したページ
・タップされたボタン
・メニュー
・ダイアログ
・通知
・ぺアリングの時間
・ペアリングの種類 (LANまたはクラウド) など

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Crashlytics

詳細

製品ログは、お客さまから報告された問題を解決するために必要になります。

トレンドマイクロに送信される情報

クラッシュレポートと管理用端末上のアプリデータ
・アプリの起動回数およびクラッシュした回数
・アプリのパッケージ名とバージョン
・OS名とそのバージョン
・デバイスモデルとCPU
・バッテリーの残量
・RAM
・ディスク容量
・クラス名 (平文)
・例外の原因など

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

デバイスの認識

詳細

この機能により、ネットワークが可視化されます。

デバイスの攻撃を受けやすいパスワード情報については、お客さまの端末のうちルータやWebカメラ等ネットワークデバイスの管理画面のID/パスワードが、一般に脆弱とされている組合せであった場合に限り、当該管理画面のパスワードの情報がトレンドマイクロに送信され、トレンドマイクロよりお客さまに対しパスワードの設定の見直しを勧めるメッセージを送ります。

トレンドマイクロはこれらの情報を、セキュリティ製品およびサービス等の開発に利用し、ならびに取得した情報から統計情報を作成し、当該統計情報をマーケティング目的に利用することがあります。また、これらの情報をお客様のユーザ登録情報と紐づけ、お客様にあった情報をユーザ登録時のメールアドレスや管理アプリに送信することがあります。

トレンドマイクロに送信される情報

ルータとデバイスのIPアドレス
ポート
プロトコル
MACアドレス
ホスト名
ブランド
モデル
メーカー
プラットフォーム
OSのバージョン
ファームウェア情報
オンライン/オフラインのステータス
UPnPデータ
WSDDデータ
MDNSデータ
HTTPメソッド
HTTPユーザエージェント情報
HTTP TTL
デバイスの攻撃を受けやすいパスワード
デバイスの管理用Webサイトのトップページデータ
ハッシュ化されたドメイン名

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

ネットワーク使用状況レポート

詳細

ネットワーク使用状況レポートには、デバイスのネットワーク使用状況がリストされます。

トレンドマイクロに送信される情報

アプリID
アップロードしたバイト数
ダウンロードしたバイト数
使用時間

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 


設定可能な機能

ウイルスバスター for Home Networkの以下の機能を利用すると、対応する情報が収集されてトレンドマイクロに送信される場合があります。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。これらの機能はいつでも無効にすることができ、トレンドマイクロへの対応する情報の送信を中止することができます。

 

ウイルスバスター for Home Network本体

詳細

この情報は、お客さまへのサービスの向上を目的として使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ステーションコード

機能の設定場所

[設定]>[製品の機能向上に協力する]

 

ログを送信

詳細

ログはトレンドマイクロが製品内の問題を調査するのに役立ちます。

トレンドマイクロに送信される情報

管理アプリログ
管理用端末上のアプリ情報
本体のログ
ネットワークパケット

機能の設定場所

[設定]>[ログを送信]

 

ネットワークセキュリティ

詳細

ネットワークセキュリティを無効にすると、これらのデータはトレンドマイクロに送信されなくなりますが、ネットワーク攻撃の検出機能に大きく影響します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
ポート番号
プロトコル

機能の設定場所

[設定]-[脅威のブロック]

・ネットワーク保護

・ホームネットワーク内の通信保護機能

 

Web脅威対策

詳細

Web脅威対策を無効にすると、これらの情報はトレンドマイクロに送信されなくなりますが、C&Cや不正な活動の検出機能に大きく影響します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
URL
ファイル名/パス
ホスト名
不審な実行可能ファイルとその内容の一部
ハッシュ化された接続メタデータ

機能の設定場所

[設定]-[脅威のブロック]-[不正サイトへのアクセスブロック]

・安全でないWebサイトをブロック

・安全でないファイルをブロック

 

リモートアクセスからの保護

詳細

この機能は、リモート接続する攻撃者からデバイスを保護します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
ポート番号
プロトコル

機能の設定場所

[設定]-[アクセス管理]-[リモートアクセスからの保護]

・リモートアクセスをブロック

 

セキュリティチェック

詳細

この機能は、デバイスの既知の脆弱性を特定します。

デバイスの攻撃を受けやすいパスワード情報については、お客様の端末のうちルータやWebカメラ等ネットワークデバイスの管理画面のID/パスワードが、一般に脆弱とされている組合せであった場合に限り、当該管理画面のパスワードの情報がトレンドマイクロに送信され、トレンドマイクロよりお客様に対しパスワードの設定の見直しを勧めるメッセージを送ります。トレンドマイクロはこれらの情報を、セキュリティ製品およびサービス等の開発に利用し、ならびに取得した情報から統計情報を作成し当該統計情報をマーケティング目的に利用することがあります。

またこれらの情報をお客さまのユーザ登録情報と紐づけ、お客さまにあった情報をユーザ登録時のメールアドレスや管理アプリに送信することがあります。

トレンドマイクロに送信される情報

LANのIPアドレス
クライアントへのルータのパブリックIPアドレス
MACアドレス
ポート番号
プロトコル
ホスト名
OSのバージョン
ファームウェア情報
CVE番号
脆弱性検出の要求/応答データ
デバイスの攻撃を受けやすいパスワード

機能の設定場所

[設定]-[デバイスのスキャン]

・パスワードの確認

・セキュリティ上の問題の確認

 

ルータへのアクセスからの保護 ([製品開発に参加してみる]機能)

詳細

この機能は、ホームルータへの不正なログインの試行をブロックします。

トレンドマイクロに送信される情報

HTTPメソッド
HTTP URI
HTTPユーザエージェント

機能の設定場所

[設定]-[製品開発に参加してみる]

・ルータへのアクセスからの保護

 

疑わしい通信のお知らせ機能 ([製品開発に参加してみる] 機能)

詳細

この機能は、ネットワークメタデータを分析して、ネットワーク内の異常な挙動を識別します。

トレンドマイクロに送信される情報

HTTP URIコンポーネント:ドメイン名 (FQDN)

機能の設定場所

[設定]-[製品開発に参加してみる]

・疑わしい通信のお知らせ

 

コメント (0)
コメントの追加
個人のお客さまサポート

ウイルスバスター for Home Network プライバシーと個人データの収集について

ウイルスバスター for Home Network - プライバシーと個人データの収集について

初期設定の収集

ウイルスバスター for Home Networkをインストールして有効にすると、以下の情報が自動的に収集されてトレンドマイクロに送信されます。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。この情報は本製品のセキュリティ機能を提供する上で必要なものであり、この情報の収集を無効にすることはできません。トレンドマイクロによるこの情報の収集を希望しない場合は、本製品をアンインストールして使用を中止してください。

 

家族のメンバーおよびデバイスのプロファイル

詳細

家族のメンバーおよびデバイスのプロファイルの情報は、お客さまによる管理対象デバイスの管理に役立ちます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザが入力したメンバーの名前
ユーザがアップロードした画像
ユーザが変更したデバイス情報
・ブランド
・モデル
・名前
・種類

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、この機能を使用しないでください。

 

トレンドマイクロアカウント情報

詳細

トレンドマイクロアカウントを使用すると、製品にアクセスしたり、ライセンスや登録情報にアクセスしたりできます。

トレンドマイクロに送信される情報

トレンドマイクロアカウント情報
・メールアドレス
・パスワード
・名
・姓
・言語
・電話番号

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Google Firebase / AppsFlyer

詳細

この情報は、製品の安定性、ユーザビリティ、パフォーマンスの向上のために使用されます。この情報は、マーケティング目的に使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザによる管理アプリの操作
・デバイスモデル
・OSバージョン
・製品バージョン
・ユーザ数およびセッション数
・セッション間隔
・OS
・プロバイダ名(キャリア名)
・地域情報
・初回起動時の情報
・アプリのアップデート情報
・アプリ内課金情報
・アプリ内ステータス
・アプリ内イベント
・ライセンスステータス
・昨日の使用状況と操作(イベントおよび画面)

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Amazon Mobile Analytics / Pinpoint

詳細

この情報は、お客さまへのサービスの向上を目的として使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ユーザによる管理アプリの操作
・閲覧したページ
・タップされたボタン
・メニュー
・ダイアログ
・通知
・ぺアリングの時間
・ペアリングの種類 (LANまたはクラウド) など

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

サードパーティのサービスプロバイダの統合モジュール
Crashlytics

詳細

製品ログは、お客さまから報告された問題を解決するために必要になります。

トレンドマイクロに送信される情報

クラッシュレポートと管理用端末上のアプリデータ
・アプリの起動回数およびクラッシュした回数
・アプリのパッケージ名とバージョン
・OS名とそのバージョン
・デバイスモデルとCPU
・バッテリーの残量
・RAM
・ディスク容量
・クラス名 (平文)
・例外の原因など

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

デバイスの認識

詳細

この機能により、ネットワークが可視化されます。

デバイスの攻撃を受けやすいパスワード情報については、お客さまの端末のうちルータやWebカメラ等ネットワークデバイスの管理画面のID/パスワードが、一般に脆弱とされている組合せであった場合に限り、当該管理画面のパスワードの情報がトレンドマイクロに送信され、トレンドマイクロよりお客さまに対しパスワードの設定の見直しを勧めるメッセージを送ります。

トレンドマイクロはこれらの情報を、セキュリティ製品およびサービス等の開発に利用し、ならびに取得した情報から統計情報を作成し、当該統計情報をマーケティング目的に利用することがあります。また、これらの情報をお客様のユーザ登録情報と紐づけ、お客様にあった情報をユーザ登録時のメールアドレスや管理アプリに送信することがあります。

トレンドマイクロに送信される情報

ルータとデバイスのIPアドレス
ポート
プロトコル
MACアドレス
ホスト名
ブランド
モデル
メーカー
プラットフォーム
OSのバージョン
ファームウェア情報
オンライン/オフラインのステータス
UPnPデータ
WSDDデータ
MDNSデータ
HTTPメソッド
HTTPユーザエージェント情報
HTTP TTL
デバイスの攻撃を受けやすいパスワード
デバイスの管理用Webサイトのトップページデータ
ハッシュ化されたドメイン名

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 

ネットワーク使用状況レポート

詳細

ネットワーク使用状況レポートには、デバイスのネットワーク使用状況がリストされます。

トレンドマイクロに送信される情報

アプリID
アップロードしたバイト数
ダウンロードしたバイト数
使用時間

機能の設定場所

この機能は無効にすることはできません。この情報の収集を希望しない場合は、本製品をネットワークから取り外してください。

 


設定可能な機能

ウイルスバスター for Home Networkの以下の機能を利用すると、対応する情報が収集されてトレンドマイクロに送信される場合があります。この情報には一定の管轄区域内および特定の法令等において個人データとみなされるものも含まれます。これらの機能はいつでも無効にすることができ、トレンドマイクロへの対応する情報の送信を中止することができます。

 

ウイルスバスター for Home Network本体

詳細

この情報は、お客さまへのサービスの向上を目的として使用されます。

トレンドマイクロに送信される情報

ステーションコード

機能の設定場所

[設定]>[製品の機能向上に協力する]

 

ログを送信

詳細

ログはトレンドマイクロが製品内の問題を調査するのに役立ちます。

トレンドマイクロに送信される情報

管理アプリログ
管理用端末上のアプリ情報
本体のログ
ネットワークパケット

機能の設定場所

[設定]>[ログを送信]

 

ネットワークセキュリティ

詳細

ネットワークセキュリティを無効にすると、これらのデータはトレンドマイクロに送信されなくなりますが、ネットワーク攻撃の検出機能に大きく影響します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
ポート番号
プロトコル

機能の設定場所

[設定]-[脅威のブロック]

・ネットワーク保護

・ホームネットワーク内の通信保護機能

 

Web脅威対策

詳細

Web脅威対策を無効にすると、これらの情報はトレンドマイクロに送信されなくなりますが、C&Cや不正な活動の検出機能に大きく影響します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
URL
ファイル名/パス
ホスト名
不審な実行可能ファイルとその内容の一部
ハッシュ化された接続メタデータ

機能の設定場所

[設定]-[脅威のブロック]-[不正サイトへのアクセスブロック]

・安全でないWebサイトをブロック

・安全でないファイルをブロック

 

リモートアクセスからの保護

詳細

この機能は、リモート接続する攻撃者からデバイスを保護します。

トレンドマイクロに送信される情報

IPアドレス
ポート番号
プロトコル

機能の設定場所

[設定]-[アクセス管理]-[リモートアクセスからの保護]

・リモートアクセスをブロック

 

セキュリティチェック

詳細

この機能は、デバイスの既知の脆弱性を特定します。

デバイスの攻撃を受けやすいパスワード情報については、お客様の端末のうちルータやWebカメラ等ネットワークデバイスの管理画面のID/パスワードが、一般に脆弱とされている組合せであった場合に限り、当該管理画面のパスワードの情報がトレンドマイクロに送信され、トレンドマイクロよりお客様に対しパスワードの設定の見直しを勧めるメッセージを送ります。トレンドマイクロはこれらの情報を、セキュリティ製品およびサービス等の開発に利用し、ならびに取得した情報から統計情報を作成し当該統計情報をマーケティング目的に利用することがあります。

またこれらの情報をお客さまのユーザ登録情報と紐づけ、お客さまにあった情報をユーザ登録時のメールアドレスや管理アプリに送信することがあります。

トレンドマイクロに送信される情報

LANのIPアドレス
クライアントへのルータのパブリックIPアドレス
MACアドレス
ポート番号
プロトコル
ホスト名
OSのバージョン
ファームウェア情報
CVE番号
脆弱性検出の要求/応答データ
デバイスの攻撃を受けやすいパスワード

機能の設定場所

[設定]-[デバイスのスキャン]

・パスワードの確認

・セキュリティ上の問題の確認

 

ルータへのアクセスからの保護 ([製品開発に参加してみる]機能)

詳細

この機能は、ホームルータへの不正なログインの試行をブロックします。

トレンドマイクロに送信される情報

HTTPメソッド
HTTP URI
HTTPユーザエージェント

機能の設定場所

[設定]-[製品開発に参加してみる]

・ルータへのアクセスからの保護

 

疑わしい通信のお知らせ機能 ([製品開発に参加してみる] 機能)

詳細

この機能は、ネットワークメタデータを分析して、ネットワーク内の異常な挙動を識別します。

トレンドマイクロに送信される情報

HTTP URIコンポーネント:ドメイン名 (FQDN)

機能の設定場所

[設定]-[製品開発に参加してみる]

・疑わしい通信のお知らせ

 


このヘルプは役に立ちましたか?

  • 全く役に立たなかった
  • あまり役に立たなかった
  • どちらでもない
  • 少し役に立った
  • とても役に立った