ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) 「保護者による使用制限」機能についてご案内します。


保護者による使用制限とは

あらかじめカテゴリや個別のサイトを設定することで、Webサイトの閲覧時に設定に応じたサイトをブロックできます。


設定方法

[Web脅威対策] をタップします。
「Web脅威対策」機能を有効にし、[VPN設定] をタップします。

「保護者による使用制限」は「Web脅威対策」機能に含まれる設定の1つです。

そのため、「保護者による使用制限」を利用していただくために、「Web脅威対策」機能を有効にする必要があります。

[保護者による使用制限] を選択します。

はじめて「保護者による使用制限」を有効にする場合、パスワードを設定していただく必要があります。

フィルタレベルを選択します。
  • 高・中・低:
    自動的にブロックする対象が設定されます。各レベルでブロックする対象についてこちらをご参照ください。
  • カスタム:
    カスタムでブロック対象を選択できます。

一覧から各カテゴリをタップし、更に詳細な設定ができます。


利用方法

操作していただく必要がありません。本設定が有効の場合、Webサイトにアクセスする際に、製品側で設定に応じたサイトがブロックされます。


ブロック例


他の設定

すべて開く
保護者用パスワードのリセット

パスワードのリセット手順をご案内します。

[保護者による使用制限] を有効にし、[保護者用パスワードのリセット] をタップします。
トレンドマイクロアカウントのパスワードを入力し、リセットします。
ウイルスバスター モバイルの削除制限

お子様用の端末でウイルスバスター モバイルを削除できないようにしする手順をご案内します。

「設定」→「スクリーンタイム」をタップします。
「スクリーンタイムをオンにする」→「続ける」をタップします。
「これは子供用のiPhoneです」をタップし、「コンテンツとプライバシー」の画面で「続ける」をタップします。

「休止時間」と「App使用時間の設定」が表示された場合、「あとで行う」を選択してください。

パスコードを設定し、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
「Appの削除」をタップし、「許可しない」を選択します。
コメント (0)
コメントの追加