ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) の「Web脅威対策」機能についてご案内します。


Web脅威対策とは

Safari・Chromeなどのブラウザや、LINE・Facebookなどアプリ内のブラウザからWebサイトにアクセスする際に、サイトの安全性を判定し、不正なサイトから守ります。


有効手順

[Web脅威対策機能] をタップし、中心のマークをタップします。
  • 本機能が有効の場合、「VPN」が表示されます。
  • 「iPhone X」以降の端末では本機能を有効にした際に、「VPN」が一瞬表示されて消えます。コントロールセンターを開くことで「VPN」のアイコンを確認できます。
  • 本機能が有効の場合、端末の通信データを監視しています。

    そのため、ゲームなど、ブラウザ以外の通信を行うアプリが、WebKit を使う通信の場合には、通信をブロックする可能性があります。

権限を設定していない場合、黒いメッセージをタップし、画面に沿って設定します。

利用方法

操作していただく必要がありません。本機能が有効の場合、Webサイトにアクセスする際に、製品側でサイトの安全性を判定します。


検出例

ブロックの際は通知でお知らせします。ウイルスバスター モバイル (iOS) の通知はオンのままご利用ください。

メール内の不正なリンクをタップし、Safariで不正サイトにアクセスしてしまった場合:

Facebookの記事内の不正リンクをタップしてしまった場合:


関連設定

「Web脅威対策」機能で以下の設定ができます。それぞれの説明については、各項目をタップしてご覧ください。

すべて開く
保護レベル

設定説明

保護のレベル(高・中・低)を選択できます。

  • 高:安全性を優先し、安全性が高いと評価されているWebサイト以外はすべてブロックします。
  • 中:安全性と利便性のバランスを両立したレベルです。
  • 低:利便性を優先し、多くのWebサイトはブロックされることなく表示されます。

変更方法

[設定] をタップします。
[保護レベル] をタップします。
レベルを変更します。
保護者による使用制限

設定説明

あらかじめカテゴリや個別のサイトを設定することで、Webサイトの閲覧時に設定に応じたサイトをブロックできます。


設定・利用方法

こちらをご参照ください。
ブロックしたWebサイト

設定説明

ブロックしたWebサイトの履歴を確認できます。


確認手順

[ブロックしたWebサイト] をタップします。
履歴を確認できます。
履歴を編集したい場合、[編集] をタップます。
ブロックしたサイトを「承認済みWebサイトに追加」、もしくは「履歴を削除できます」。

個別の履歴を選択せずに追加/削除をタップすることで、一括で履歴を追加/削除できます。

承認済みWebサイト

設定説明

「承認済みWebサイト」にリンクを登録することで、Web脅威対策でブロックされません。


登録手順

[承認済みWebサイト] をタップします。
[Webサイトの追加] をタップし、[ブロックしたWebサイトから追加]、もしくは [手動で追加] を選択します。
  • ブロックしたWebサイトから追加:
    ブロックした履歴から追加したい対象を選択します。
  • 手動で追加:
    手動でURLを入力し、追加します。
Webサイトの誤判定を報告する

設定説明

以下のようにWebサイトの安全性判定が誤っている場合、本設定からトレンドマイクロに報告できます。

  • 不正もしくは危険なサイトなのに、ウイルスバスター モバイルがブロックしない
  • 安全なサイトなのに、「このWebサイトは、安全ではない可能性があります」とブロックされる

報告方法

[Webサイトの誤判定を報告する] をタップします。
報告したいWebサイトのURLを入力し、[送信] をタップします。

正確な報告のために、できる限り「http://」/「https://」を含めて記載してください。

コメント (0)
コメントの追加