ビュー:
Q. Windows セキュリティセンターで「ウイルスバスター クラウドは無効になっています」というメッセージが表示されます。


A.「ウイルスバスター クラウドは無効になっています」メッセージが表示された場合の対応を記載します。

一部の環境において、 Windows セキュリティセンターの「マルウェア対策」、または「ウイルス対策」で「ウイルスバスター  クラウド は無効になっています」または「コンピュータのセキュリティを確認してください」などのメッセージが表示される場合があります。

コンピュータの起動時やウイルスバスターのアップデート時などに、警告メッセージが表示され、Windowsセキュリティセンターで確認すると、「ウイルスバスター クラウドが無効になっています。」と表示されている場合があります。

Windows側がセキュリティ対策ソフトを認識するタイミングとウイルスバスターの起動のタイミングが合わない場合やアップデートにより、ウイルスバスターの機能がリセットされるタイミングで、一時的にウイルス対策もしくはマルウェア対策が無効表示になります。

しばらく経って、タスクトレイに表示されていたWindowsセキュリティセンターのバルーンが表示されなくなった場合は、ウイルスバスターは正常に動作をしています。

Windowsセキュリティセンターのバルーンが表示されたままになっている場合は、ウイルスバスターのメイン画面を起動して、設定内容等を確認をしてください。
「コンピュータのセキュリティを確認してください。」等の表示はウイルスバスター クラウドの設定、または起動状況をWindows セキュリティセンターが通知しているものです。

お使いになっているシリアル番号のウイルスバスタークラブ会員契約期間の有効/無効を示すものではありませんのでご注意ください。

ウイルスバスターのメイン画面が起動出来ない場合は、次のリンクを参照してください。


ウイルスバスター クラウドのタスクトレイアイコンが表示されない問題 / メイン画面がデスクトップのショートカットから開かない問題について


コメント (0)
コメントの追加