ビュー:
Q. Windows の通知領域に「ウイルス対策を有効にする」というメッセージが表示されます。


A. Windows の通知領域に「ウイルス対策を有効にする」というメッセージが表示された場合の対応を記載します。

コンピュータの起動時やウイルスバスター クラウド のアップデート時などに、Windows セキュリティ(旧 Windows セキュリティセンター)画面の「ウイルスと脅威の防止」や、Windows の通知領域に以下のようなメッセージが表示される場合があります。

  • 「ウイルスバスター クラウド で推奨される処置」
  • 「ウイルス対策が無効になっています」
  • 「ウイルス対策を有効にする」
  • 「ウイルスバスター クラウド は無効になっています」
  • 「ウイルスバスター クラウド を有効にする」

これらのメッセージは、以下いずれかの理由により表示されます。

  • Windows がセキュリティ対策ソフトを認識するタイミングとウイルスバスターの起動のタイミングが合わなかった
  • アップデートによりウイルスバスターの機能が一時的にリセットされた

しばらく経って、タスクトレイにウイルスバスターアイコンが表示されている場合は、ウイルスバスターは正常に動作をしています。

Windows セキュリティの通知が表示されたままになっていたり、ウイルスバスターアイコンがタスクトレイに表示されない場合は、ウイルスバスターのメイン画面を起動して、設定内容等の確認をおこなってください。

「コンピュータのセキュリティを確認してください。」等の表示はウイルスバスター クラウドの設定、または起動状況をWindows セキュリティが通知しているものです。

お使いになっているシリアル番号のウイルスバスタークラブ会員契約期間の有効/無効を示すものではありませんのでご注意ください。

ウイルスバスターのメイン画面が起動出来ない場合は、次のリンクを参照してください。


ウイルスバスター クラウドのタスクトレイアイコンが表示されない問題 / メイン画面がデスクトップのショートカットから開かない問題について