ビュー:
本製品の迷惑メール対策ツールバーでは、不要なメッセージや不正なメッセージが自動的にフィルタリングされ、[迷惑メール] フォルダに移動されます。このフォルダでは、迷惑メールと間違って識別されたメッセージがないかを確認できます。


すべて開く
迷惑メールの判定

設定の確認方法: [迷惑メール対策ツール] > [設定] > [迷惑メールの判定レベル]
ウイルスバスターのすべてのバージョンにこの機能が含まれているわけではありません。

[迷惑メールの判定レベル] タブを使用して、対応メールソフトで受信した迷惑メールに対する保護を設定します。迷惑メールとして判定されたメールは、[迷惑メール] フォルダに自動的に移動されます。[迷惑メールの判定レベル] のスライダを使用して、判定レベルを設定します。

判定レベル

説明

最も厳しい迷惑メール判定ルールが適用されます。安全性を優先する判定レベルです。この判定レベルでは、通常のメールが誤って迷惑メールと判定される可能性があります。

安全性と利便性のバランスを両立できます。推奨の判定レベルです (初期設定)。

比較的緩い判定ルールが適用され、判定されなかった迷惑メールが受信ボックスに届く可能性があります。安全性は最低限に抑え、利便性を優先する判定レベルです。この判定レベルでは、通常のメールが誤って迷惑メールとして判定されることはほとんどありません。

迷惑メールをより効果的に管理するには、[迷惑メール対策ツール オンライン判定サービス] の下のチェックボックスをオンにします。この機能は、受信したメールに含まれる匿名のデータを、オンラインデータベースに登録されている既知の迷惑メールで検出されたパターンと比較します。
詐欺メールの判定
許可するアドレス
禁止するアドレス
対象言語の設定
詳細設定