ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) の「カレンダースパム対策」機能についてご案内します。


カレンダースパム対策とは

iOS 標準搭載のカレンダーアプリのカレンダーイベントに不審なリンクが含まれていないかをスキャンし、検出します。

検出したイベントはまとめて削除することができます。

  • 削除しても繰り返しイベントが検出される場合は繰り返しイベントが検出される場合の対処方法をご確認ください。
  • 本機能のスキャン対象のアプリは iOS 標準搭載のカレンダーのみです。
    ただし、[設定][カレンダー] → [アカウント] → [アカウントを追加] から Google や Yahoo などのアカウントを iPhone のカレンダーに登録することで、本機能でスキャンすることが可能です。
  • スキャン対象期間は過去 30 日間およびスキャン当日以降の 180 日間になります。

設定方法

[カレンダースパム対策] を開きます。
権限を設定していない場合、黒いメッセージをタップし、画面に沿って設定します。

利用方法

メイン画面の [スキャン] ボタンまたは [カレンダースパム対策] を開くことで、カレンダーをスキャンできます。

検出された場合

イベントが検出された場合、検出画面から「まとめてイベントを削除」または「個別にイベントを削除」することが出来ます。

まとめてイベントを削除する場合

個別にイベントを削除る場合

検出されなかった場合

不審なイベントが検出されない、またはすべての検出が削除された場合は、以下の画面が表示されます。


繰り返し検出される場合の対処方法

繰り返し検出される場合、意図せずスパムの照会カレンダーを追加している可能性がございます。

カレンダーのイベントから削除する方法
設定から削除する方法
コメント (0)
コメントの追加