ビュー:

Mac を利用している際に、突然に「ウイルスに感染しています」、「スパイウェアが検出された可能性があります」といったメッセージが表示された場合の対処方法をご案内します。


警告メッセージの例
  • アップルからのウイルス警告
  • お使いの Mac は〇つのウイルスに感染しています
  • ウイルスが見つかりました
  • Mac が感染している可能性があります
警告画面の例
Macでウイルス感染の警告画面(偽警告)

パソコンに表示される警告画面の正体ー偽警告(フェイクアラート)

上記のようなメッセージは「偽警告(フェイクアラート)」と呼ばれます。ユーザーの不安を煽ることで、個人情報や金銭をだまし取る詐欺の可能性が高いです。

これらの警告が表示された場合、メッセージの内容に従わずに、警告を無視してください。


偽警告への対処方法

偽警告が表示された場合、画面上のボタンをクリックせず、以下の対処を行ってください。

ご利用のブラウザ(Safari や Chrome など)の「✕」をクリックし、ブラウザを閉じます。
ブラウザを閉じられない場合、キーボードの「Option」+「Command」+「Esc」を同時に押します。

強制終了ウィンドウが開いたら、ブラウザ (Safari や Chrome など) を選択し、[強制終了] をクリックします。

閲覧データを削除します。

何度も偽警告が繰り返し表示される場合は、キャッシュデータを削除し、ブラウザの設定をリセットしてください。

※ブラウザの操作方法の詳細についてはサービス提供元にお問い合わせください。また、ブラウザの設定をリセットする場合、ブラウザで保存していたお気に入りやパスワードも削除される場合があります。

Mac を再起動します。
ウイルスバスター for Mac でパソコンをスキャンします。

ウイルスに感染していないか心配である場合は、ウイルスバスター for Mac の「スキャン」機能でパソコンをスキャンしてください。

スキャンした結果、何も検出されなければ、ご利用のパソコンは安全な状態となります。

ウイルスバスター for Mac を利用されていない場合は、ウイルスバスター for Mac の体験版をインストールし、パソコンのスキャンを推奨いたします。


偽警告にだまされてしまった場合の対処方法

フェイクアラートに従ってしまった場合、以下の対処を行ってください。

ソフトウェアをインストールしてしまった場合

不審なソフトウェアをアンインストールします。


個人情報を入力してしまった場合
  • アカウント ID やパスワードを入力してしまった場合、パスワードを変更してください。
  • クレジットカード情報を入力してしまった場合、お使いのクレジットカード会社に連絡し、対処方法を相談してください。

詳細な対応については、詐欺メールや詐欺サイトの情報に騙されてしまった際の対処方法をご参照ください。


偽警告と本物の警告の見分け方

偽警告は次のような特徴があります。

  • サイトを閲覧している際に、ブラウザ上に警告が表示される
  • 不安をあおり、不自然な解決法を提示する
    ※ソフトウェアのダウンロード、サポートへのお問い合わせ、個人情報の入力の促し
  • 日本語に不自然な箇所がある場合がある
  • 不安を煽るような「ピーッ」という甲高い警告音も同時に発生する場合がある

一方、正規のセキュリティアプリや OS の場合、不審なサイトやソフトウェアを検出した通知を表示するのみで、ソフトウェアのダウンロードや外部への連絡を促すことはありません。

これらの違いに注意し、本物の警告かどうかを確認してください。

Mac からの通知例

偽警告表示の対策

ウイルスバスター for Mac をご利用の場合、「Web脅威対策」機能のご利用を推奨いたします。「Web脅威対策」機能では不審なサイトへのアクセスをブロックし、偽警告を表示するような危険な Web サイトを未然に防ぎます。

Web脅威対策による検出例

V教えて!トレンドマイクロ

正しいセキュリティ知識と対策で、あなたのデジタルライフに安心と安全を。

トレンドマイクロは、サイバーセキュリティの強化を通じてあなたのデジタルウェルネス向上をサポートし、安全・安心なデジタル体験を提供します。

👉 教えて!トレンドマイクロ 👈

コメントの追加