ビュー:

ウイルスバスター クラウドの「保護者による使用制限」「SNS URL 安全性チェック」を活用して、お子さまをインターネット上の脅威から守ることができます。


お子さまをインターネット上の脅威から守る方法について


Webサイトへのアクセスやパソコン・ソフトウェアの使用を制限する


「保護者による使用制限」とは

「保護者による使用制限」を有効にすることで、閲覧を許可または禁止する Web サイト、インターネットやパソコンを使用する時間帯、およびソフトウェアの使用制限を設定できます。

  • URL フィルタ:不適切な Web サイトをカテゴリやレベル別にブロックできます。
  • 使用時間の制限:インターネットを利用できる時間帯と 1 日のパソコン使用時間に上限を設定することができます。
  • ソフトウェアの制限:特定のソフトウェアの使用を禁止する時間帯を設定することができます。

「保護者による使用制限」機能を有効にする
すべて開く
初めてお使いになる場合
以前に設定したことがある場合
「保護者による使用制限」機能を無効にする
無効にしたい場合

SNS上の外部リンクをチェックする

「SNS URL 安全性チェック」とは

本機能が有効になっている場合、Twitter、Facebook などの SNS サイトに含まれる外部リンクの安全性が表示され、アクセスしようとしている Web サイトのセキュリティリスクを確認することができます。

例:


「SNS URL 安全性チェック」の設定手順
ウイルスバスター クラウドを起動し、 [個人情報を守る] をクリックします。
「SNS URL 安全性チェック」の [設定] をクリックします。
「SNS URL 安全性チェック」を有効になっていることを確認します。

「スイッチ」をクリックすると有効 / 無効を切り替えます。

※有効:青色 / 無効:グレー

設定を有効にする際に、下記の画面が表示された場合は [はい] をクリックします。

使用するブラウザに [インストール] や [ヘルプの表示] が表示された場合、「Trendツールバー」の設定を確認します。
  • [インストール] が表示された場合:

    対象ブラウザに「Trendツールバー」がインストールされていません。
    [インストール] をクリックし、対象ブラウザに「Trendツールバー」をインストールしてください。

  • [ヘルプの表示] が表示された場合:

    対象ブラウザでは「Trendツールバー」が有効になっていません。
    [ヘルプの表示] をクリックし、「Trendツールバー」を有効にしてください。

すべての設定を確認後、 [OK] をクリックします。

お問い合わせ窓口

本件に関してご不明点などがございましたら、サポート窓口へお問い合わせください。

コメントの追加