ビュー:

ウイルスバスター モバイル (iOS) に搭載されている「Web 脅威対策」「詐欺メッセージ対策」を活用し、安全にインターネットを利用するためにおすすめの設定を案内します。

「Web 脅威対策」「詐欺メッセージ対策」はウイルスバスター モバイル (iOS) の機能となりますので、お客さまはいつでも無料でお使いいただけます。


インターネットを安全に利用する方法について


Web サイトの安全性をチェックする

「Web 脅威対策」を利用することで、ブラウザや LINE / Facebook などのアプリ内から Web サイトへアクセスするときに安全性をチェックして、不正な サイトや詐欺サイトから端末を保護できます。

例:

設定方法
Web サイトの安全性を有効にする
「Web脅威対策機能」をタップし、中心のマークをタップします。
  • 本機能が有効の場合、「VPN」が表示されます。
  • 「iPhone X」以降の端末では本機能を有効にした際に、「VPN」が一瞬表示されて消えます。コントロールセンターを開くことで「VPN」のアイコンを確認できます。
Web 脅威対策のアクセスを許可していない場合、黒いメッセージをタップし、画面に沿って設定します。
  1. 「VPN 構成の追加を求めています」が表示されましたら、[許可] をタップします。
  2. パスコード、もしくは Face ID ・ Touch ID などで認証し、VPN を設定に追加します。
設定完了後、機能をテストしたい場合は「保護機能のテスト」から実施してください。
  1. [ ] から [保護機能のテスト] をタップします。
  2. [ Web 脅威対策のテスト(ブロック画面)] をタップし、ブロック画面が表示されます。

受信したメッセージの安全性をチェックする

「詐欺メッセージ対策」の「メッセージスキャン」と「イメージスキャン」を有効にすることで、 端末に届いたメッセージにあるリンクの安全性をチェックできます。


メッセージスキャン

送信元がわからないメッセージを受信した場合、メッセージスキャン機能でチェックします。安全ではないリンクが含まれている場合は、危険なメッセージとして「迷惑メッセージ」に振り分けます。

また、迷惑メッセージ、もしくは電話があった場合、トレンドマイクロに報告できます。

例:

設定方法
すべて開く
SMS フィルタリングを有効にする
設定をタップします。

「メッセージ」をタップします。
「不明な送信者および迷惑メッセージ」をタップします。
「ウイルスバスター」をタップします。
  • iOS 14 以上の環境では画面上部の「不明な差出人をフィルタ」を先に有効にする必要があります。この設定が有効になっていない場合、「ウイルスバスター」の項目がグレーアウトして選択できません。
[有効にする] をタップします。
SMS フィルタリングが有効となりました。

メッセージを起動すると、「迷惑メッセージ」が追加されています。
今後、安全ではないメッセージは「迷惑メッセージ」に格納されます。

また、利用環境によっては「メッセージ」にて「迷惑メッセージ」または「迷惑 SMS 」が追加されます。

制限事項
  • iPhone、iPad 間でのメッセージもスキャンしたい場合、端末の「設定」アプリの「メッセージ」から iMessage をオフにしてください。
    参考:iPhone またはオンラインで iMessage の登録を解除する
  • OS の制限により、iOS のメッセージアプリの以下のルールに従います。
    • ユーザが送信者に 3 回返信した場合、メッセージアプリは送信者を「迷惑メッセージ」タブから削除します。
    • 連絡先アプリに保存している送信者からのメッセージはスキャンしません。
    • 電話番号が「迷惑メッセージ」タブに追加されると、その番号からのすべてのメッセージが削除されるまで「迷惑メッセージ」に移動します。
SMS の報告を有効にする
設定をタップします。
「電話」をタップします。
「SMS/通話の報告」をタップします。
「ウイルスバスター」をタップします。
[有効にする] をタップします。
SMSの報告が有効となりました。

メッセージを起動すると、メッセージのスレッドの下に「メッセージを報告」/「すべてのメッセージを報告」のリンクが表示されています。

利用方法
すべて開く
迷惑メッセージを報告する
迷惑電話を報告する

報告機能は、今後の製品機能向上のために、お客さまからトレンドマイクロにフィードバック情報をご提供いただくことを目的に追加された機能です。報告後、該当のメッセージ等がブロックされないことがあります。


イメージスキャン

QR コード・ URL が含まれている画像をスキャンする、または Web サイトのアドレスを入力することで、サイトの安全性をチェックできます。

例:

利用方法
すべて開く
画像をスキャンしてサイトの安全性をチェックする
Web サイトのアドレスでサイトの安全性をチェックする

お問い合わせ窓口

本件に関してご不明点などがございましたら、サポート窓口へお問い合わせください。

 

コメント (0)
コメントの追加