ビュー:

個人情報がかつてないほどオンラインで保存される時代において、データ侵害について理解することは重要です。ここではデータ侵害と、その対応策について解説します。


データ侵害とは?

データ侵害とはデジタルなプライバシー侵害のようなもので、組織や個人が保護する機密情報や個人情報データが第三者に不正アクセスされた際に発生します。

この侵害によって、情報漏えい、盗難、または不正利用につながる可能性があります。


データ侵害はどのようにして起こるのでしょうか?

  1. セキュリティの脆弱性
  2. 組織の大小にかかわらず、デジタルの脆弱性を持っています。ハッカーはソフトウェア、ネットワーク、またはシステムの脆弱性を悪用して、不正なアクセスを取得します。

  3. 人為的ミス
  4. ハッカーだけでなく、人為的ミスによる思いがけない事故も問題です。例えば、誤ったメールアドレスに機密情報を送信するなどのミスが、データ侵害を引き起こすことがあります。

  5. マルウェア感染
  6. ウイルスやランサムウェアなどの悪意のあるソフトウェア(マルウェア)に感染すると、機密情報や個人情報データが盗まれる可能性があります。

  7. フィッシング
  8. サイバー犯罪者は実在する企業やサービスなどを装った偽メールを送信して、人々をだまして有害なリンクをクリックさせたり、偽サイトにログイン情報や個人情報を入力させてデータを取得しようとします。
    これにより、ハッカーはシステムに不正アクセスし、悪意ある行動をする可能性があります。

  9. 第三者の問題
  10. データ侵害は、組織のデータにアクセスできるサードパーティ ベンダーやパートナーを通じて発生する可能性があります。彼らが侵害された場合、あなたのデータも侵害される可能性があります。

  11. インサイダーの脅威
  12. すべてのデータ侵害が外部から発生するわけではありません。重要なデータにアクセスできる従業員または請負業者が、その特権を悪用してデータを盗んだり公開したりすることがあります。

技術的な知識の深さに関係なく、誰もがデータ侵害の被害者になる可能性があります。
個人と企業の両方が、データ侵害を防ぎ、被害を軽減するためのセキュリティ対策を導入する必要があります。


データが侵害の一部であるかどうかを確認する方法

  1. 組織からのアラートに注意する
  2. 一部の企業は、侵害が発生したかどうか、およびあなたのデータが関与したかどうかを直接あなたに通知する場合があります。これらの通知をよく読み、そのガイダンスに従ってください。

  3. トレンドマイクロ ID プロテクション個人情報の流出チェックを使用する
  4. メールアドレスや電話番号が漏洩していないかと不安に思っていませんか?ID プロテクションの個人情報の流出チェックを試してみましょう。

常に情報を収集し、予防策を講じることで、デジタル世界で個人情報を保護できます。
データ侵害に対する恐怖に足を引っ張られないようにして、知識を身につけて予防策をとり、オンラインプライバシーを管理しましょう。

 

 

V教えて!トレンドマイクロ

正しいセキュリティ知識と対策で、あなたのデジタルライフに安心と安全を。

トレンドマイクロは、サイバーセキュリティの強化を通じてあなたのデジタルウェルネス向上をサポートし、安全・安心なデジタル体験を提供します。

👉 教えて!トレンドマイクロ 👈

コメント (0)
コメントの追加