ビュー:

ウイルスバスター クラウドの「Trend ツールバー」機能を利用すると、Webサイトの検索結果とメール内のURLの安全性を評価し、アクセスしようとしているWebサイトに関連するセキュリティリスクについて警告します。使い方は以下のとおりです。


「Webページ内のリンクの安全性を表示」を設定する

以下いずれかのブラウザを起動します。
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Mozilla Firefox
Trend ツールバーのアイコンをクリックし、[] → [設定] を選択します。

Trend ツールバーのアイコンが表示されない場合、表示方法をご参照ください。

[Webページ内のリンクの安全性を表示] を有効にします。

その他の機能

機能

説明

Web脅威対策

現在開いているWebサイトの安全性を確認できます。

詐欺メール対策

(Gmail / Outlook.com) 上で、「詐欺メール対策」を有効化できます。

広告ブロック

現在開いているWebサイト上の広告をブロックできます。

プライバシー設定チェック

SNS やブラウザの設定内容を確認し、「プライバシー設定チェック」ができます。

決済保護ブラウザ

現在開いているWebサイトを「決済保護ブラウザ」で開きます。

マウスポインタを合わせたWebページ内のリンクの安全性を表示
※ [] → [設定] から確認できます。

外部リンクにマウスポインタを合わせると、リンク先の安全性を確認できます。


よくあるご質問

※下記質問のエリアをクリックすると、回答を確認できます。

すべて開く
Q. 広告ブロック機能を有効にする方法を教えてください。

A. 広告ブロック機能の有効化手順は以下のとおりです。

ブラウザを開き、Trend ツールバー のアイコンをクリックし、 [広告ブロック] をクリックします。

「広告ブロックが無効です」 の画面が表示されたら、[広告ブロック] の設定スイッチをクリックし、「有効」に切り替えます。

以上で、広告ブロック機能が有効になります。

Q. 安全性の評価が表示されない場合はどうすればよいですか?
A. 安全性の評価が表示されない場合、対応方法をお試しください。
Q. 「Trend ツールバー」 機能を無効にできますか?
A. 以下の設定をすると、「Trend ツールバー」 機能が無効になります。
ウイルスバスター クラウドを起動し、アイコン1 [設定] ボタンをクリックします。

「コンピュータの保護設定」画面で、 [不正サイト/迷惑メール対策] を選択します。

[Trend ツールバーを有効にする(対応のWebブラウザのみ)] のチェックを外します。

[Web脅威対策を有効にする (安全ではないサイトをブロック) ] のチェックがオフの場合

[Web脅威対策を有効にする (安全ではないサイトをブロック) ] のチェックをオンにした後、上記手順3の操作を実施してください。

※本設定の変更後も引き続きWeb脅威対策を無効にしたい場合は、手順4のあと [Web脅威対策を有効にする (安全ではないサイトをブロック) ] のチェックをオフに戻します。 (Web脅威対策を無効にした場合、30分後またはコンピュータの再起動後、自動で有効となります。)

「Trend ツールバーの無効化」の画面が表示されたら、 [OK] をクリックします。

「コンピュータの保護設定」画面で、 [適用] をクリックします。


コメント (0)
コメントの追加