ビュー:
Q.「情報漏えい対策」機能の有効 / 無効手順を教えてください。


A. 「情報漏えい対策」機能の設定を変更するには下記の手順にて操作を行ってください。

操作手順

ウイルスバスター クラウド のメイン画面を起動します。
メイン画面上部の [個人情報を守る] をクリックします。
[情報漏えい対策] の [設定] をクリックします。
概要ページが表示された場合は、[OK] をクリックします。

※「この説明を今後表示しない」にチェックを入れると、次回から「概要」ページが表示されなくなります。

ウイルスバスター クラウド でパスワードを設定していない場合、「パスワード設定」画面が表示されます。

※オンラインユーザー登録で、設定したパスワードではありません。


画面に従って入力し、[作成] をクリックします。


パスワードをすでに設定している場合は、パスワード入力画面が表示されます。

設定しているパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
「情報漏えい対策」の画面が表示されます。

画面左側で有効と無効を切り替えます。

※有効になっている場合は、青色になります。無効の場合は項目の欄がグレーになります。


守りたい情報の登録方法

「情報漏えい対策」を有効にした場合、守りたい情報の登録を行う必要があります。
それぞれの項目の [守りたい情報] にキーワードを入力してください。


守りたい情報の項目を追加する場合

[+新しい項目] をクリックしします。
[項目] および [守りたい情報] を入力します。

守りたい情報の項目を削除する場合

[守りたい情報] 項目右横の「ごみ箱」のアイコンをクリックします。
[OK] をクリックし設定を保存します。
コメント (0)
コメントの追加